2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

twitter

blogram

  • blogram参加中!
    blogram投票ボタン
  • blogram

GANTZ

  • GANTZ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

拍手ランキング

  • 拍手ランキング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 幸せないちにち(その4) | トップページ | マツモトさんの次回作への期待とニノミヤイヤー »

2010年9月27日 (月)

大団円(#10)

最終回。

オグさんが「月9の重責をよく担いました」といっていましたけども、
それに私がうるっとしそうになりましたけども、

素敵な最終回でしたね。

楽しかったなあ。
繰り返し見た回数は、きみぺを超えたなあ。

あんまりドラマチックな感じではないドラマでしたけど
そんなマツモトさんも見れて良かったなと思います。

それから、夏虹最終回の次の日に
わが家の朝顔がやっと咲いたこともここに記しておきます。

続きにて、感想です。

 

web拍手 by FC2

 

大雅なんて嫌い。

海ちゃんに言われて、茫然と立ち尽くして終わった前回。

クレヨンは拾ったのかなあ。
近いにしてもあんだけの道のりがあったのに、言い合いは家についてから。
効果的な演出的な?

わかってるよ、俺だって!!

声を荒らげる大雅くん。久しぶりだなあ。格好イイね。その後の

ごめん

もいいね。

そういや、大雅くんはすごく松潤っぽいけど、
普段の佇まいは全然違うなあ。

あんなに優しい喋り方じゃないし。

ドラマの方が、かっこいいし、かわいいし、残念だ。
やっぱりお芝居では凝縮されるね。

父母会で学校で大貴に会う詩織さん。

パパになりたいって言った大雅が全面的に悪いことになってますが。
はじめにそのことを海ちゃんに気づかせたのは、アナタです!

でもお兄さんは全然悪くない設定でいくのね。
そこは反省して!

予告の「もう大雅さんには会いません」はここかな。
違い過ぎる。情報操作だ。

青木さんに相談する大雅くん。

よき理解者で良かったな。
こんな優しい人なのになんで奥さんが逃げちゃったんだろうな。

二人ともぼおっとしてるシーンが多いな。
でも、美男美女なんで見つめときます。

お墓参りの大雅くん。墓地の場所はどうやって知ったのかな。

墓地に現れたアニかっこいい!
今までで一番かっこいいって思ったかも。

喪服大雅は出所したビトを思い出した。(なんとなくね)
ただし、かっこいい!

舞台の稽古場にて。

ハムレットの王様はバンビーノのオーナーだっけか。大御所!

ハムレットは正宗くんの上司。
俳優人って感じ。この人も2世ではなかったか。
なんかね、ちょっと情けない役を連続でみた記憶。

二人とも劇団系の人らしい威厳があります。

深田恭子ちゃん。
出来る女風。こんな恭子ちゃんは久しぶりカモ、きれいです。

大雅くんに目を付けて、次回作に使ってやってください。

海ちゃんと詩織さん。仲直りです。
そうだよね、大雅とはもともと仲良しなんだし
そんなにこじれる理由がないしね。

よかった、よかった。

ラストと予告に煽られてしまった。

それにしても、蒼空くんのお母さんは無愛想。
いまは優しい蒼空くんでも、中学くらいになったら、影があって
不良っぽい孤独キャラに成長しそう。

大雅くん、仏壇で足がしびれてこけるほどお参りするって
どんだけ!!

そのシーンがなくてよかった、試練すぎる。
※試練・・・マツモトさんのギャップ(天然や変顔など)に堪えること。
※過去の試練・・・

そもそも、勇樹さんの位牌は詩織さんの家にあるべきじゃないのか?
そのへんは、ここでは語られないドラマがあるんだろう。

慶太くんの干支はネズミ。早生まれなんだね。
お友達二人が面白すぎるし、暇すぎる。
大雅くんは台本を丸々暗記してることが判明。すごい。

中学の時、社会の教科書を丸暗記した友だちがいたが、
テストの結果は散々だった。 もっと効率よくやらないとね。

しかし、俳優において無駄なことは何もない
松本さんも言っていた(んじゃないかな)。

有栖川さんにもその勉強熱心が認められたんだね。
でも忘れないといけないんだ。

頭でっかちな部分が認められ、かつ次への足がかり的なものもあって。

次が期待できる、良いシーンだったなあ。

助言してくれる先輩俳優達も優しいね。
真面目なおかげだね。

真面目万歳。
私はすごく不真面目で、仕事をしてても真面目な人が面倒で仕方がなかった。

それをどこまで受け入れるかってのがいつも課題だったなあ。
コストの問題も含めてね。

それから、大雅くんのジャージのポケットのファスナーがいつも
空いてて気になりました。わざと?

事務所に役をもらえたことを報告しにゆき
桜ちゃんに「噛まないおまじない教えてあげる」と誘き呼び出されちゃう
大雅くん。

でも「どうかした?」の大雅くんに包容力を感じます。
(ちょっとズレてたけど)

桜ちゃんに「好き」といわれてまた誤魔化して蹴られる大雅くん。
やっぱり、桜ちゃんに心が動くことはなかった。
でも、桜ちゃんの思いは伝わったね。

ころころしたの桜ちゃんの声が可愛い。

蹴られた大雅の情けない後姿から、
顔の見える位置に切り替わっての麗しさに驚く。落差。

ハンカチを差し出す譲くんがかわいい。
やっぱり譲くん好きです。最初から憎めなかったんだよね。

詩織さんの手紙。

手紙をかくっていうのが、なんだか詩織さんらしくてとってもいいなと
思いました。

あるときから大雅さんは変わりましたね
というのに、偉そうとチラっと思ったりしつつ
↑でも、そういう関係性がいいんだと思ってもいます。

その手紙をBGMに一生懸命かんばる大雅くんを見つめます。
かわいい。
前転をした後に有栖川さんに呼ばれた時の顔が好き。

いよいよ舞台の日が来ました。

慶太君のお母さんがついに判明しましたね。
夏木マリさん。一緒の男性が韓流っぽくってナイス。

舞台が始まって、いろんな格好の大雅くんが見れてイイですね。
いよいよ、セリフがせまり桜ちゃんからのおまじないをする。

そのあと舞台に上がる姿かかっこいい。

七色の虹が掛かり

で、ちょっとうるっときました。
そのあと、みんなが喜んでるすがたをみるとまたうるうる。

一番来たのは
客席の一番後ろ(道明寺もあのへんに立ってたなあ)に航太郎さんを
見つけて唇を震わすところ。

よかったなあよかったなあってシーンでしたね。

ハムレットがカッコよかったこともここに残しておきます。
顔が謎でも格好いい人って好きなんです。

それにしても、嵐ちゃんで翔さんがオチに着せられていたかぼちゃパンツ
を真面目に着ていましたね。マツモトクオリティですね。

翔さんもわりにかぼちゃ部分はオチてなかったと思う程
似合いそうな気配はありましたけど

マツモトさんも普通に着てましたね。
あの縦襟のレースとともにステキでした。

その格好でのクランクアップもくらくらでした。

舞台でのマツモトさんが予想以上に格好良くて!!

あれ?ニノは?と思ったところでニノちゃんの登場。

「おう」

渋い。なんなにかわいい猫背なのに渋い。

なんだか、Jr.時代のニノを思い出して
このあと素顔を見ちゃいました。
Jr.ニノちゃんは、いまより飄々としてる。

セリフはそれだけですか?
もういなくなった。と思ったら、ライトをつけてくれた。にくいね。

そして、存在感。

詩織さんと海ちゃんとのしばらくぶりの再会。

海ちゃんに

「ママが今日の大雅すごくかっこ良かったって」

って教えてもらって喜ぶ大雅くんがかわいかった。
予想以上に可愛かった。

とおもったらここでLoveRainbowですか。

海のシーン。
二人とも白い衣装がとってもステキ。

詩織さんがやわらかいですね。もっとこういう詩織さんを見たかったなあ。
こういう瞬間の詩織さんに恋に落ちてほしかった。
↑こういう格好をして、海に向かってもっとしっとりと泣いていてほしかった。

「ねえ、詩織」

っていうのに、やられる。
すんごくいい。

「何度も言って」

っていう詩織さん。全10回のうち一番の可愛さだ。

何回もいう大雅くんが年下っぽくていいね。

最後にキスぐらい見たかったですが、
↑スケベみたいですね
めでたしめでたしな最終回でしたね。

それにしても、マツモトさんが常に素敵なドラマで
よかったなあ。

次は、もっとハードな役がいいなあ。

web拍手 by FC2

« 幸せないちにち(その4) | トップページ | マツモトさんの次回作への期待とニノミヤイヤー »

夏虹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大団円(#10):

« 幸せないちにち(その4) | トップページ | マツモトさんの次回作への期待とニノミヤイヤー »